ぐーたら菜園ist(サイエニスト)の家庭菜園ブログ

週末だけの家庭菜園でさえ怠けがちなサイエニストのブログ。夢は晴耕雨読。

夏の後片付け 続き

先々週に続いて畑の整理。

こちらが作業前。

で、作業後がこちら。

残っていたスイカを引っこ抜き、周囲や区画の真ん中あたりの草を抜き、奥の区画を軽く耕して肥料入りの土を足しました。

この秋は何を植えようかずっと考えています。 そういえばここ何年かスナップエンドウを植えていなかったので、スナップエンドウにしてもいいかな。

スナップエンドウならまだ種を蒔くまで時間的な余裕もあるし。

改めて栽培法を復習しておこう。

夏の後片付け

ここ何週間かエントリーしてませんが、このところ毎週畑に行って草と格闘しています。

先週まで手前のスイカやズッキーニを植えていた区画をターゲットにしていて、ズッキーニは先週の時点で片付けました。

今日は奥の区画を重点的に対処。朝はだいぶ涼しくなってきたのですが、昼に近づいてくるとまだ陽は夏の勢いのままで、最後まで作業できず真ん中あたりを残して終わりました。

イカはまだ実がついているので残してますが、もう大きくはならないし、味も落ちてきているので、実質はもう終わりですね。

先週も雑草と格闘してました

先週から暑さのギアが一段上がった感じですね。我が家から一番近い観測点である大阪豊中では38度を超える猛暑が続いています。

そんな中、朝から畑で黙々と雑草を取ってきました。

1時間半ほどの作業の成果。

しばらく実がなっていないズッキーニですが、今朝見たところ雌花らしきものがありました。

また収穫できますように。

ピーマンも草丈は低いのですが、手のひらほどの長さの実がいくつかついています。

赤く完熟させて美味しい品種のはずなので、もう少しおいて様子をみます。

雑誌に埋もれていたラッカセイもすっきりと姿が見えるようになりました。

よく見ると土の中に小さな実を発見。

茎から一見するとトゲのようにも見えるものが地面に向かって伸びています。

これが土に刺さって、土の中に実ができるんですね。

そして今年はいい感じで実がついているスイカ。実から一番近いツルが枯れているので収穫する目安なのですが、特に摘果などせずにできるがままにしているせいか、徐々にサイズが小さくなってきてますね。

毎週スイカが食べられる幸せ。

ちなみに数えたら後7つくらい実がありました。どこまで美味しく食べられるかわかりませんが、この夏がかつてないスイカ三昧な夏になるのは間違いなさそうです。

これからは週一では草の勢いに追いつかない

このところずっと太陽を見ていない気がしますね。東京は記録的な日照時間の短さらしいですが、大阪もたぶんそんな感じなんでしょうね。

とはいえ、この季節は雑草がどんどん伸びる時期であることには違いはないわけで、久しぶりに行った畑はもう草がぼうぼう。

元気だったスイカも雑草の勢いに負けて、かなり弱っている感じ。

そんなわけで2時間近くかけて草を抜いたり刈ったり。

Beforeがないのでイマイチきれいになったかどうかわかりにくいですが、これでも相当きれいなってます。

雑草に埋もれて全然見えなくなっていたスイカのツルがはっきり見えるようになりました。

雑草の海から救い出したスイカの実。今回は一番大きい2つを収穫しましたが、まだもう少し小さいサイズが5つくらい残っています。

割ってみました。

おお、しっかり赤い!むしろちょっとスが入りかかってますので、今日収穫して良かったですね。

味はしっかり甘く、でも甘すぎずさっぱりしていてすごく美味しいじゃないか。

今年の夏はスイカ三昧できるかな?

先週のズッキーニがまだ食べきれない

ズッキーニは先週収穫して、ぱっと見たところ次の果実はないように見えたんですが。

今日パトロールに行ったら、もう遠くからでもわかる存在感のオレンジ色のヤツがいました。

先週の一番大きいのより、さらに大きくなってます。

オクラなどと違ってこれくらい大きくてもちゃんと美味しく食べられるのでよいのですがね。

ちなみに全然できてないと思ってたピーマンもほどほどのサイズのものがあったので試しにひとつ収穫しました。

ズッキーニの隣だとすごく小さく見えますが満願寺とうがらしを一回りくらい大きくした感じのサイズでした。

もうちょっと草丈が伸びてほしいなあ。

で、気になるスイカは、順調に大きくなってる

手のひらを広げたときの親指の先から小指の先までの長さくらいの大きさかな。どれくらいになれば収穫時期なのかわかんないんですが、今週は静観。

このスイカ、売りのひとつに「カラスにもつつかれない」というのが書かれててホンマかいなと思ってたんですが、どうやらこの濃い緑色が一種の保護色になって遠目に実があることがわかりにくいというのがその理由のようです。

とはいえ、収穫期になったらやっぱりカラスにやられましたっていうのは嫌なんで、いちおう刈った草で実を覆っておきました。

ズッキーニ初収穫

先週、キュウリくらいのサイズでもうちょっとかなーなんて思っていたズッキーニ。

今朝、近所の医者の待合室で順番を待っていたら、うちの妻からメッセージが。

「畑の管理人さんから、ズッキーニが大きくなってるから取りに来て、って連絡があったよー」

うむうむ、順調に育ったんだな、今晩から大雨の予報だからこのあと畑に寄るか。

てな感じで適当で畑に行ってみました。

いや、思ったより随分と育っちゃってんじゃないか?

一番右のものでもスーパーで売られてるよりは大きいけど、一番大きいのは小ぶりなダイコンくらいあるな。

1週間でまあ、こんななっちゃっうとは、やっぱり夏野菜は油断できないな。

ちなみにスイカも大きなマンゴーくらいになったので摘果を兼ねて取ってました。この他にも4、5個くらいもうちょっと小さい実がついてます。

家に帰ってスイカはすぐに切ってみましたが、中身は真っ白でまだまだこれから。カラスにやられないように気をつけなくては……。

梅雨が来る前に芋を掘る

例年になく遅れている関西の梅雨入りをうまく利用して、先週ジャガイモの芋掘り大会を開催しました。

今回は4家族9人でした。

頑張って掘ってます。

って、この子らうちの芋掘り皆勤賞じゃなかろうか。

畝2つ分なんてあっという間ですね。ものの15分ほどで掘り終えました。

なんか今年は小ぶりだなあ……。

そういえばこの後、兵庫三田の農家さんが今年のジャガイモは小さくて出荷できない、みたいな新聞記事が出てました。どうも梅雨が遅れている影響らしいです。

これが我が家の分け前。

まあまあ、なんなりとできるでしょう。

隣でズッキーニも順調に育ってます。スーパーで売られているサイズまでもう少しかな?

……なんて思ってたら今日、思った以上に巨大化してました。

これはまた次のエントリーで。