読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたらサイエニストの家庭菜園ブログ

週末だけの家庭菜園でさえ怠けがちなサイエニストのブログ。

ジャガイモを植えました

作業

3月11日と3月18日の2回に分けてジャガイモを植えました。

11日は同僚4家族、18日は同僚1家族が来てくれました。

 

 ※写真を撮ったのですが、掲載許可をもらってないので省略。

 

植えたのはキタアカリ。畝2つを使って手分けして15分くらいで植え付け完了。

小さい子も土遊び感覚でお手伝いしてくれました。

 

収穫が楽しみです😄

 

春の準備

作業

今日の大阪池田は最高気温15度、午後は薄曇りでしたが暖かく穏やかな一日でした。

また週の半ばは寒くなるようですが、少しずつ春に近づいていることを実感する暖かさでしたね。

f:id:cubicworld535:20170305231613j:plain

 

畑の近くでも梅がきれいに咲いていました。

 

来週は会社の同僚も参加しての春のジャガイモ植え大会を開催しますので、それに備えて残っている水菜の後片付けと雑草の処理、そして畝を軽く耕しました。

 

f:id:cubicworld535:20170305231940j:plain

 

とりあえずこんな感じ。

 

私が借りている貸農園の隣には農家さんの畑があるのですが、今日畑を耕しているときに声をかけていただき、少し話をしました。

ここ数年、ヒヨドリの被害が多いらしいです。今の時期だと冬を越したエンドウマメの葉やホウレンソウなど、10羽近いヒヨドリが群がって葉をほとんど食べてしまうのだそうです。

そういえば、私の畑でも、処分した正月菜とホウレンソウが葉の根元だけを残してきれいに食べられてしまっていました。たぶんこれはヒヨドリの仕業なんでしょうね。

ネットをかけていても、そのネットの隙間から葉をついばむらしいので、かなり隙間を開けてネットをかけないといけないそうです。

ジャガイモはたぶん大丈夫でしょうが、そのあと夏野菜を植えるときには対策を考えないといけませんね。

種イモGet

買物

3月11日に会社のメンバーを呼んでジャガイモを植える会を開催するので、早めに種イモを購入しました。

せっかくなら少し珍しい品種にしようかとも思ったのですが、珍しい品種は栽培が若干難しいものもあるので、比較的定番と思われるキタアカリをチョイス。

来週は畑の方も一回耕しておかないとな。

海女小屋で腹いっぱい貝を喰らってきた話

食べる 旅行・旅

更新間隔が空いてしまいました。

冬場はナンチャッテなサイエニストには、ネタがない季節ですね。

 

というわけで、畑には関係ないネタを。

私は大学時代の先輩と年1回程度遊びに行っています。

ただ飲みに行く、というのではなく、観光やグルメを志向した小旅行といった感じです。

今回は伊勢志摩へのグルメ旅でした。

 

目指すは相差という町です。

今は鳥羽市の一部となっている、海沿いの小さな漁師町という風情の町です。

温泉もあるようですが、観光では魚料理を売りにした民宿がメインのようです。

素潜りで漁を行う海女さんも多くおられるようで、そうした海女さんが漁のあと体を休める海女小屋で食事ができる、という施設もあり、今回はそんな観光海女小屋の一つに行ってきました。

 

相差には大阪から車で約2時間半といったところでしょうか。

三重県の地図を見ると太平洋にぽこっと突き出た半島が中央部にありますが、まさにこの半島の北側あたりです。

現地までは意外に山の中な道が続きます。

 

f:id:cubicworld535:20170220122337j:image

 

海女資料館に到着。今回伺う海女小屋はこちらが窓口になっています。

予約した時間までまだ少し時間があったので、すぐ近くの石神さんという神社に行ってみました。なんでも女性の願いをひとつ叶えてくれるそうで、意外なほどたくさんの女性参拝客がいました。

こちらはおっさんチームなので一通り参拝して、海女小屋に向かいました。

場所は相差の漁港と目と鼻の先、というか漁港の中でした。

 

f:id:cubicworld535:20170220122947j:image

 

観光用なので、けっこう広い小屋です。

相差かまど、という名前ですが、「かまど」は海女小屋を指す言葉だそうで、相差かまどという名前の施設は複数あります。ここは前之浜店?でした。

振り向けばそこは港で、水揚げした魚を入れておく生簀などが置いてありました。

 

f:id:cubicworld535:20170220123432j:image

 

中央に魚貝を焼く焼き場があり、海女さんが付きっきりで焼いてくれています。

そこを囲むようにテーブルが配され、焼いていることろを見ながら食事ができます。

テーブルまでは、これまた海女さんが焼けた貝や干物などを持ってきてくれます。

 

f:id:cubicworld535:20170220123733j:image

 

f:id:cubicworld535:20170220123746j:image

 

f:id:cubicworld535:20170220123758j:image

 

季節によって内容は変わるようですが、この日は、アジの干物、カキ、大アサリ、サザエ、ヒオウギ貝でした。

貝は大ぶりなものが2つづつ!

 

f:id:cubicworld535:20170220124045j:image

 

締めはウニの炊き込みご飯と餅入りのみそ汁。

おっさんには腹いっぱいになるボリュームでした。

 

値段は3500円、別注で伊勢エビ、アワビも頼めます。缶ビールもありますよ。

 

この日は忙しくてあまり話はできませんでしたが、海女さんが色々な話もしてくれます。

食事だけではなく、ちょっと漁師の雰囲気も味わえる、なかなか面白いところでした。

交通の便がいいとは言えませんが、貝が好きな方なら一度行ってみる価値はあると思います。

 

水菜収穫祭

作業

葉物野菜の収穫が最盛期を迎えているのですが、とても我が家だけでは消費しきれる量ではなく、放っておくと育ちすぎて硬く苦くなるので、比較的近くに住んでいる会社の同僚に声をかけて、持ち帰ってもらいました。

 

f:id:cubicworld535:20170129225018j:plain

同僚が写っている写真は顔出しになるので、持ち帰ってもらった野菜の袋の写真でお茶を濁しておきます。

 

4人の同僚に来てもらい、水菜を主に持ち帰ってもらいました。

あと2食分くらいの水菜は残っているので、これは我が家でいただきます。

 

さて、3月上旬のジャガイモの植え付けに向けての準備を進めなければ。。。

 

ホウレンソウを食べてみた

食べる

しまった!写真を撮り忘れた…。

 

畑に植えてた葉物のうち、ホウレンソウは丈が小さいままだったのでしばらく置いてたんですが、昨日何本か取ってきて、先ほど茹でて食べてみたのですが。

 

とても甘い!

 

品種がそういうものだったからなのか、それとも先週の大雪にあたったせいなのか、そのあたりはよくわかりませんが、かなり甘い!旨い!

 

これは次の収穫が楽しみだなあ。

もうちょっと大きくなってほしいけど…😅

雪が降ったら雪だるまを作ってしまう

日常

寒いですね~。ここ数年で最強の寒波が来ているそうで(去年もそんな言葉を聞いたような気もするのですが)、各地で大雪が降っていますね。

日本海側の大雪続き、事故相次ぐ 寒さのピークは16日 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

私が暮らす北大阪は毎年2、3回雪が降り、そのうち1度くらいうっすらと雪が積もる程度の気候なのですが、今回は結構降りました。
もちろん雪国の方からすれば大したことはない程度ですが、この辺りで数センチ積もるというのはそうそうないので、子どもたちは大はしゃぎでした。

f:id:cubicworld535:20170116010122j:plain

定番の雪だるま。

オラフっぽくしたかったのですが、たまにしか作らない人間にそんなスキルもあるはずがなく、なんだか野暮ったいものができあがりました。

f:id:cubicworld535:20170116010255j:plain

髪の毛っぽくモップを載せてみたら、胡散臭いさまでプラスされてしまいました。

畑の様子も気になりますが足元が悪いので敢えて見に行きませんでした。